主な機能

1. 検索


 症例レポート(JADER並びにFAERS)をデータソースとして、薬剤名・有害事象名・適応症名から検索します。検索用語が記載されている報告件数のカウントや、関連する情報等を抽出します。タブで切り替えることでJADERとFAERSの両方のレポートデータを参照することができます。
 検索条件オプション設定により、国別(FAERS)・性別・年齢別による絞り込み検索や、被疑薬のみを対象とした検索も可能です。
 検索結果のテーブル「Results」において添付文書に記載の副作用項目に一致するかどうかを確認する機能があります。薬剤・副作用の検索結果下にある『既報/未報』プルダウンメニューから「あり・部分一致・なし」を切り替えることで、絞り込むことができます。

2. 検索(複数薬剤)


 複数の薬剤を同時に検索することが可能です。
 検索結果のテーブルには、検索対象薬剤一つひとつのイベント件数やスコア値を表示した上で、論理和(:OR、いずれかの薬剤が記載されている症例レポートを対象)・論理積(:AND、全ての薬剤が記載されいてる症例レポートを対象)の列も表示しています。同薬効分類に所属する薬剤を色別で表示しているため、重複チェックなどポリファーマシーの一助として活用頂いています。タブで切り替えることでJADERとFAERSの両方のレポートデータを参照することができます。

3. 詳細情報


 詳細情報では、トップページで検索した結果から更に、(薬剤・有害事象・適応症のいずれも)詳細な情報を閲覧できます。
 検索条件に合わせた転帰件数、薬剤の商品名リスト、検索した薬剤の添付文書に記載されている副作用項目とともに、関連する有害事象(適応症)をテーブルにてリスト表示しています。リストには、有害事象の件数・ランキング・各スコア値・グラフへのリンクを表記しています。
 詳細情報ページでは、JADERとFAERSの両方レポートデータをページを切り替えることで参照することができます。(切替時には対象となる薬剤を選択します。)

【世界主要レギュレーション機関で用いられる統計解析手法(シグナル値)】
シグナル値 採用機関
PRR(Proportional Reporting Ratio) EMA(欧州医薬品庁)
ROR(Reporting Odds Ratio) Lareb(オランダ薬剤監視センター)
BCPNN(Bayesian Confidence Propagation Neural Network) WHO(世界保健機関)
GPS(Gamma-Poisson Shrinker) FDA(米国食品医薬品局)

4. 分類(薬の情報)


 分類ページでは、選択した薬剤の詳細な統計情報を表示しています。
 経路別件数・報告ブランド名は、症例レポートに記載がある場合の統計情報を示しています。剤形別件数は薬剤名から類推できる剤形を記載しています。実際の症例レポートには剤形について報告していませんので、参考情報としてご利用ください。

5. レポート一覧


 レポート一覧のページは、検索結果の件数数値をクリックすることで表示されます。検索条件対象となるレポートを抽出し一覧として表示しています。
 また、この一覧からさらに絞り込みで検索することも可能です。
 JADERとFAERSの両方レポートデータをページを切り替えることで参照することができます。(切替時には対象となる薬剤を選択します。)

 分類(薬の情報)等、詳細な条件が付与されて表示するレポート一覧については、絞り込み検索が出来ないものもあります。

6. 各種レポート・グラフ

  • レポート情報統計
    レポート情報統計表示例【タミフル】

     年齢分布・性別分布を表示します。

  • グラフ
    グラフ表示例【フルオロウラシル】

     薬剤投与から有害事象発生日までの期間別発生頻度の棒グラフ、期間毎・累計別による有害事象件数ヒストグラムを表示します。

  • シグナル分布
    シグナル分布例【タミフル】

     薬剤と副作用の関連性を各スコア値*件数でプロットしたものを表示します。

7. オーダー機能

2*2分割表 注目する
有害事象
その他の
有害事象
暴露あり a b a+b
暴露なし c d c+d
a+c b+d a+b+c+d

 スコア値計算時に設定する分割表の細かい設計をユーザ御自身が行って計算をオーダーする機能です。詳細はオーダー説明ページを参照ください。